サービス残業の現状。みなし労働とは

サービス残業の現状

近では「サビ残」という隠語も生まれてきていますが、サービス残業はかなり古くから、ほとんどの企業にあったのではないでしょうか。
景気が上向きの時は、多少のサービス残業をガマンしても、それなりの収入があったのですが、不況下の昨今ではその享受できるメリットが無くなってきたので、サービス残業という声が大きくなってきています。

 

しかし、日本の現状を見て見るとほとんどが中小零細企業ですので、それらの会社全てにサービス残業、いわゆる労働基準法を厳密に守らせることは、現実に難しいのではないでしょうか?
もちろん、労働基準法を逸脱することは法律に触れることですが、本音は難しいところでしょう。

 

また、不況になると労働者側のチカラが弱くなり、会社側は「嫌なら辞めれば」という強気の対応を取る会社も多くなります。
若い労働者は転職も可能ですが、中高年の労働者はなかなか「はい、そうですか」とは言えないのが現状ではないでしょうか。

 

長引く不況、サービス残業、収入減、そして消費行動の減少という負の連鎖から中々抜け出せない日本、何とかできないものでしょうか。